SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み



持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。



現在、協和建築積算事務所ではSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みへの検討と議論を進めています。社員の健康と経済面からの充実した会社を目指し、社会に貢献して行きたいと思っております。 






特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事